保険外差し歯で白い前歯に!in名古屋

保険外治療で人気のセラミック歯に関してです。

歯が何らかの影響で失ってしまったり、歯並びを整えたりするときに差し歯にすることがあります。

名古屋で安いオールセラミック!しかも高品質!


この差し歯には種類があり、材質によって保険適用となるか、保険外差し歯になるかが決まります。保険適用外差し歯の方が、白い歯を保つ期間が長くなり、前歯など目立つ場所には、保険外差し歯にした方が見栄えが良くなることが多いです。

差し歯には、金属、硬質レジン、セラミック、ジルコニア、などがあります。金属は費用的にも安く抑えることができますが、自然に劣化してしまいやすく一般的に7年ほどしか持たないことがあります。劣化しやすいため、隙間ができやすく虫歯になってしまったり、歯茎が膿んでしまうこともあります。

硬質レジンは、保険適用となります。レジンでつくられているため、年数がたつにつれ、黄色くなってくるのがデメリットです。ですが、費用面では金属のものよりも格安で作ることができます。着色しやすいコーヒーなどの嗜好品を飲む機会が多い場合は、硬質レジンを避けた方が無難となります。

セラミックは、耐久性に優れているため素材としてよく利用されます。名古屋ではオールセラミックでの差し歯を取り入れている歯科医院が多くあり、安い費用で治療を行える医院もあります。オールセラミックの場合は、8年から10年ほど持つことができ、管理をしっかりと行った場合は20年ほど持つとされています。

名古屋で安いオールセラミック!しかも高品質!


ジルコニアはセラミックよりも強度があるのが特徴です。10年ほど持つことができ、着色汚れもつきにくいですが、硬いため歯茎や歯を痛めたりしてしまう危険性があります。

差し歯にした場合、半永久的に持つと考えないようにします。特に保険適用の場合周囲の歯と色が合わない、歯茎や歯と歯の間が黒くなる、虫歯ができやすくなる、レジンで治した場合はがれてしまう、といったことが起こることがあります。特に前歯は目立つ場所で歯の色の違いなどが分かりやすいため、素材を選ぶ場合は慎重に考えるようにします。

なお、自然な白い歯や、美しい前歯を保つにはメンテナンスが必要となりますが、メンテナンスが大変だと考える場合は、保険外差し歯を扱っている名古屋の歯科医院を受診すると良いでしょう。

通常の歯科医院でも差し歯を取り扱っていますが、保険外差し歯を取り扱っていない場合もあります。受診する場合は保険外差し歯を取り扱っているか確認をし、どのような症例があるのか、などを事前にチェックしておくと安心です。

理想的な差し歯は、差し歯と気が付かないものをつけることであるので、将来的に見て、歯茎への負担も少ないものを選ぶことも大切です。さらに差し歯は歯茎の状態が良くないと長持ちしないことが多いので、日ごろの口腔ケアがとても大切になります。

歯科医院を受診する場合は、生活面や歯磨き指導なども積極的に行っているかどうかも調べ、差し歯を交換する場合は、どのくらいの費用がかかるのかしっかり提示しているところを選ぶようにします。

名古屋で安いオールセラミック!しかも高品質!




差し歯というのは、作った後、半永久的に使えるかといえばそうではなく、寿命があります。

寿命は歯の素材によって変わり、金属やプラスチックの場合は約7年程度となります。それに対して、セラミックはやや寿命が長く、最も長いのがジルコニアを使った物となります。ただ、寿命というのは、使い方によっても大きく変わってくる事になります。

プラスチックの場合、歯として使う事が出来ても、変色が激しい為、2年から3年程度使えば、周りの歯との色の差が気になるようになり、それによって交換を考えるという人は少なくありません。セラミックの歯は長持ちするといわれますが、強度はそれ程高くない為、衝撃で破損してしまう事があります。

それに対して、ジルコニアを使った歯であれば、見た目の美しさだけでなく、強度も兼ね備えており、長く良い状態を維持しやすくなります。更に、人によっては歯周病が原因で、差し歯を支えきれなくなり、使えない状態になってしまう事もあります。

ですから、差し歯を作ったら、そこで治療が終わりと考えるのではなく、その後も良い状態を維持できるように、しっかりとしたケアをしていく事が重要になります。差し歯は寿命があるという事を覚えておく事がおすすめです。

大人の歯は、虫歯が出来たり、欠けてしまいますと、子どもの歯とは異なり、一生生えてくることはありません。特に歯は、人の顔の印象を与えるのに重要な役割を持っていますので、欠けてしまったら、そのままにするのではなく、必ず治療を受けるようにしましょう。歯の1本だけを変えたいといった場合には、差し歯が大変おすすめです。ですが、大きく分けて選択肢は2種類あります。

それは、保険内で治療をするのか、保険外で治療をするのかという事です。あまりお金を掛けずに、歯をキレイにしたいという事であれば、保険内で治療を受けた方が、断然お得です、費用は1本で3,000円から8,000円になります。

歯医者では主治医と歯科衛生士、ともによく相談をする事をおすすめします。ですが、保険内の差し歯になりますと、やはり年数が経つにつれて、少しずつ黄ばんでくるなどのデメリットがあります。固いものを良く食べる人は、何らかの拍子でうっかり欠けてしまう事もあるでしょう。

保険外の治療になりますと、審美性や耐久性が、保険内に比べると大変高いものになります。歯は一生ものになりますので、差し歯の治療を受ける際には、必ず良く相談をして決めるようにしましょう。

歯科医院で治療を受けているときは、痛みなどで早く終わらないかと考えるでしょう。治療が終われば日常生活に戻ることができると考えている人が多いためですが、実は治療したからと言って永久にその状態が続くわけではありません。特に、保険内の治療は必要最低限の治療を保証するものです。

詰め物や差し歯に使われるのは銀歯やプラスチックで、決していい材料ではありません。金属色や、プラスチックの変色など見た目もの問題もありますが、寿命が短く、せっかく治療しても何年かで壊れてしまったり、虫歯を再発するなどして作り直さなければいけなくなります。

差し歯自体は虫歯になることはありませんが、差し歯と自分の歯の接合部から虫歯になるというのは、よくあることです。プラスチックが欠けてしまったところから虫歯になることもあります。保険内の治療は実際にかかった治療費のうち、3割の負担で受けられるので広く浸透しています。

しかし、治療内容は決していいものではありません。保険外のセラミックなどを使用して、歯にぴったり装着すれば再発のリスクも軽減でき、寿命も伸ばすことができます。差し歯を作るときは、作り直すことも考えて材料を選ぶようにしましょう。

差し歯の治療を受けなければならないという場合、少しでも値段が安く済むように、保険内の治療を選択する方がいらっしゃいます。

もちろん悪い方法ではないのですが、保険内の治療ですと、プラスチック製の差し歯が使われてしまうことが多く、結果的にメンテナンス費用がかなりかかってしまう可能性があります。

プラスチック製の差し歯は、わりとすぐに色が変わりますし、汚れやすいので使いにくいです。おまけに金属が使われることもあり、アレルギーの症状が出てしまうこともあるので、注意していただきたいところです。

保険内の治療を受けるよりも、セラミックの治療を受けたほうが断然メリットが多いですから、ぜひ試してみてください。セラミックは値段が高いというイメージをお持ちの方も少なくないですが、JDFが提携している歯科クリニックに通って治療してもらえば、費用の負担を最小限におさえることができるようになります。

一般の歯科クリニックでセラミックを受けようとすると、確かに高額な費用がかかってしまうものの、JDFなら高品質のセラミックを格安で行ってくれるので、どなたでも気軽に治療を受けることができます。技術料が一律なので、何本治療することになっても金額は増えません。

クリニックによって、セラミックやインプラントなどの治療を受けることができ、保険適用外とはなりますが、見た目がきれいで丈夫なつくりの素材を利用することができるなど、メリットがたくさんあります。

歯はずっと使うものですし、特に前歯の差し歯においては、見た目的にもとても重要な部位になりますので、できるだけメリットの高い方法を選択していくということも大事です。

各クリニックや歯科医によって、治療方法なども異なりますので、カウンセリングや見積もりを受けた上で、ベストな治療ができるところを選んでいくことが大事です。 



↑このページのトップヘ